妊娠した時のダイエットについて

妊娠が判明したら過激なダイエットはするべきではありません。赤ちゃんが誕生の日まで、母親の体内で育っている状態が、妊娠期間になります。受精した直後はごく小さなものですが、またたくまに細胞分裂を行って、生まれてこれる状態へと赤ちゃんは育ちます。体の中で赤ちゃんを育てている時にダイエットをすることは、赤ちゃんの発育にとって悪影響になります。本来、ダイエットとは、健康維持を目的として食事の量を少なくすることを指します。しかし、今、日本で使われているダイエットという単語は、食事制限だけでなく、運動をして体重を減らすという意味もあります。妊娠高血圧症候群を招く危険性があるので、妊娠中は太りすぎることは、良くないということが分かってきました。むくみは、妊娠後期に特に出やすくなっています。むくみの影響で体重が増えることも、母子の健康には良くないので、十分に気をつけましょう。妊娠中は、体重が多くなりすぎないように常にチェックする必要がありますが、それでも、ダイエットとは別ものであることは理解しておきましょう。妊娠している時は、体重の増加に気をつける必要がありますが、出産後も授乳のために、体が必要な栄養はきちんと食べるようにしましょう。妊娠しているときは、激しい運動は控えましょう。ウォーキングなどの軽度の運動は悪くはありません。ダイエットをするなら、赤ちゃんを産んで子育てをしている時に、合間にするようにしましょう。http://xn--a-dfuraa5qpcb0372ewt3derxb.biz/